返済できる金額が限度額

キャッシングでは、連帯保証人は必要ありません。つまり、誰かの力を借りることなく利用できるということです。

たとえば賃貸住宅の場合、家賃を滞納した場合には、連帯保証人が代わりに支払うようにと請求されます。そのため、物件を借りた本人と連帯保証人との間では、しばしばトラブルが発生します。また、連帯保証人を依頼しただけでも、距離を置かれてしまうこともあります。

ところがキャッシングの場合は、その心配はないのです。なぜなら消費者金融では、キャッシングを申し込んできた人の経済力と信用情報とを調べ、返済できる可能性が高い金額を限度額として貸し付けするからです。返済が難しくなるような高額の貸し付けは行われないので、そのため自力での返済が比較的容易なのです。身近な人に迷惑をかけずに済むので、気軽に利用できると言えます。

しかも限度額は、返済を繰り返しているとアップすることがあります。返済できる金額のみが貸し付けされるわけですから、利用するたびにきちんと返済していれば、消費者金融は、もう少し貸しても返済してもらえるはず、と判断するようになるのです。

ただし、返済に困る金額ではないからこそ、安心してうっかり返済日を忘れてしまうことがあります。そうならないよう、消費金融からは返済日が近づくとメール連絡があります。しかし、自分でも忘れないよう気に留めておくことが大事です。