長年の相棒『そばかす』

私は幼い頃から顔にそばかすがある。一番最初にそれが気になりだしたのは、中学1年生の頃。
友人たちにはなくて、自分にはあるということがとてもコンプレックスになった。運動系の部活に入っていたこともあり、気にはなっていたが化粧で隠すということはしなかった。高校時代も大学時代もやはりずっとコンプレックスで、近くで肌を見られることにも抵抗があった。

レナセルクリアセラム

でも、社会人になってから周りに言われることは「そばかす」についてではなく、肌が綺麗ということ。
もともと肌はニキビができることは少なく、周りによく言われていたことだったが、それ以上にそばかすが気になっていたので喜ぶこともあまりなかった。
また、大人になるにつれて自分の肌に対して視野が広がったというのも理由の一つだと思う。

今は日常の中で化粧をすることが当たり前になり、そばかすは簡単にファンデーションで隠すことができる。最近は隠しすぎない化粧をすることも多い。
友人と顔について話しているときに、私が「そばかすがあるから、、」と言うと、「目立たなくて分からなかった。』といってもらったことがあった。とても嬉しくて、あれだけ悩んでいた幼い頃の自分自身に、「今は気になるだろうけど、未来ではそんなに気にならなくなっているよ!」と教えてあげたい気分になった。

今は医療も進み、簡単にそばかすがレーザーで取れるらしく、試したいという気持ちももちろんあるが、そばかすさえ自分の良さだと考えられたらいいなと思っている。今はまだ全く気にならないというと嘘になるが、コンプレックスを長所だと思える人生にしたいなと思っている。