白髪染めの費用と時間を抑えたい!

40代に入ってから白髪が目立つようになり、白髪染めをするようになりました。

美容院で染めてもらうのが一番仕上がりもよく、気分もよくなりますが、どうしても費用と時間がかさみます。

白髪が目立ちはじめるたびに美容院へ行くのは私のお小遣いからでは厳しいと感じました。

ボタニカルエアカラーフォーム

そこで手軽にできる自宅でのセルフカラーリングも試しましたが、準備と後片付けが大変でした。染めている間も周りを汚さないように気を付けたり、洗い流した後の浴室の掃除も面倒くさくなってきます。

そしてなにより、染め上がりが綺麗でないことです。きちんと染まっておらずまばらになったり、髪の毛がパサパサになって傷んでしまったりしました。

後に美容師さんに聞いたら、「市販のカラー材は強くて髪の毛が傷みやすい」と教えていただきました。

セルフでの手間と仕上がりに納得いかず考えた結果、カラー専門店に行くことにしました。

半年に一度ぐらいは美容院に行って、その間はカラー専門店で根元染めを繰り返すことにしたのです。カラー専門店にも色々ありますが、私はシャンプーの機械が苦手なのでシャンプーは人がしてくれて後のブローは自分でする。というお店をみつけ、たまにトリートメントも追加します。

これで納得して白髪染めの時間と費用と手間の節約することができました。

染めないと老けて見られ、染めると若く見られる

私は20代後半から白髪が目立ち始め、30代には髪の3分の1以上は白髪になってしまいました。http://www.thebath-room.com/

32歳で転職した際、社内の同年代以下の人たちが自分を避けているように感じたので、自分から明るく話しかけて接近してみました。年齢の話が出てきて自分は何歳に見えるか聞いてみたら「…年齢不詳…。」と言われてしまいました。

元々童顔で実年齢より若く見られてたのですが、白髪のせいで顔は20代見えるけど、髪を見たら40代以上かもしれないと思ったそうです。なので、みんなどう話しかけてよいか戸惑っていたとのことです。そんなことがあり、白髪を染めて全部黒髪にすることに決めました。

副業として単発のアルバイトをしているのですが、あるイベント系のお仕事で20代(というかまだ学生さん?)の担当チーフに「〇〇くん、これお願い。」と君付けタメ口で話しかけられました。当時私は既に40半ば。20歳以上年下、しかも初対面の人に君付けタメ口で話しかけられるとは。自分が情けなく思いました。

今は更に白髪が増えて黒髪の方が少なくなりました。染めなければ下手したら還暦くらいの年齢と思われるかもしれません。しかし、童顔のせいで黒髪に染めると若くて頼りなく見られるようです。

童顔の白髪のせいで歳相応に見られない哀しい悩みです。

今日も鏡とにらめっこ

白髪との初めての出会いは23歳頃、会社のお手洗いだった。

まだ若いからまだ出ないと思っていたのに!

とショックを受けて女性の先輩のもとに駆け寄り笑われたものである。

http://www.cdo-dansesorientales.com/

それから時は流れ早十年ほど。

スキンケアのついで、髪型セット時のついで、なにかのついでに髪の毛を確認すると

今やほぼ100%くらいの確率で出会うようになってしまった。

黒髪のまま染めていないのでなおさら目立つこともあり日々考える。

白髪染め?

カラーリング?

カラートリートメント?

いやしかし、手段は数多くあれど対策することで存在を忘れ

ずぼら時期に入ったときにふと根元を見て愕然とすることになるのではないだろうか。

そんなわけで美容室でカット中に美容師に相談してみた。

白髪は確かにあるが、

ケアをちゃんとしてハリツヤを維持していればそこまで目立たないこと、

まだ白髪染めなどするほどの量ではないこと、

と慰めてもらいつつ、カット中に見つけたら細かく切っておきますね!と優しい対応。

加えて私の方がもっとありますよ、と教えてくれる気遣いもまた優しさが溢れている。

私が黒髪ショートを続けている理由のひとつは若く見えることなので、

美容師のアドバイスを活かして髪のケアを念入りにしつつ、

鏡とにらめっこしてはちまちま抵抗していこうと思う。

男性でも簡単にできるヘアケア

スキンケアする男性以上に、ヘアケアする男性は多いと言います。男性専用シャンプーもいろいろ出ていますよね。もちろん、ヘアケアに疎い男性だって多いはず。そんな男性でも簡単にできるヘアケアがシャンプーです。シャンプーなんて当たり前だと言われてしまいそうですが、あなたは正しいシャンプーができているでしょうか。男性のシャンプーに求められるのは、皮脂を落とすことです。女性と違って皮脂の分泌量が多いので、しっかり落とし清潔な頭皮を保つことが抜け毛予防になります。そこで、シャンプーの仕方をおさらいしてみましょう。

ボタニカルエアカラーフォームの口コミ&評価!販売店で市販されている?

シャンプーを手にとる前に、まずしてほしいのがお湯洗いです。お湯でよくぬらして皮脂を浮かせることで、シャンプーの時間を短縮することができます。しっかりと皮脂が浮いていれば、あとはさっとシャンプーを付けて洗うだけで、充分きれいになります。ここで注意したいのは、ゴシゴシしすぎないこと。爪を立てて洗ったり、強い力で洗ったりする男性は少なくありません。頭皮を傷つけないように、指の腹を使ってマッサージするのがポイントです。マッサージによって血行がよくなり、抜け毛の防止につながります。シャンプーが頭皮に残らないように、すすぎは念入りにしましょう。

シャンプーの方法も大事ですが、シャンプーの種類も大事です。頭皮に負担をかけないものを選びたいです。ノンシリコンやアミノ酸系シャンプーがおすすめです。男性用のシャンプーに多いのは、皮脂をしっかり落とすタイプ。メントールでさわやかに洗い上げるものも多いでますが、乾燥が気になる方には向きません。皮脂の摂り過ぎはトラブルにつながりますので、乾燥肌や敏感肌の男性は、女性用を使用してもよいでしょう。

男性にとって大事なことは、清潔さです。毎日正しくシャンプーして、よい頭皮環境を保ちましょう。

この先どうすればいいの?

学生の頃、細くてサラサラで、少し茶色くて、みんながいいなぁと言って羨ましいと言ってくれていた自慢の髪も、出産とともに段々と髪質が、変わっていき、今では白髪染めをしないと外に出たくないようになってきた。

http://bsicyberexchange.com/

染めた時はいいが、一か月もすると根本だけが白くて、すごく憂鬱な気持ちになる。美容室で二か月に一度、カラーに行くが、結構高い。最近は根本だけだからと節約して、外出前に白髪の部分だけを染めるヘアマスカラを塗って、更に一か月それを塗って節約する。それなら、市販で売られているヘアカラーを買ってこまめに家で染めたほうが安上がりなのかもしれない。けど、ヘアカラーにお金をかける余裕もないのに、なぜかそこは美容室でのカラーにこだわている自分がいる。

仕上がりが違うと勝手な認識をしている自分と、市販のカラー剤に手を出すという自分の変なプライドがまだあり、手を出せないでいる。きっと最近の市販で売られているヘアカラー剤は、昔と違って、いいものになっているとは思うが、お金も無いのにかなり無理をしている。情けない。歳はとりたくない。白髪があるのと無いのでは、かなり年齢が違って見える。

何か良い薬は無いのかと思うこの頃である。